学習会


    学習会のお知らせ   
 パナソニック出前講座

  地球環境と省エネ~上手な電気の使い方~

   日 時:2021年11月10日(水)午後3時~4時

   場 所:笛田リサイクルセンター1F工房
      講 師:パナソニック(株)エレクトリックワークス社 
        成瀬 勲氏
  参加費:無料   定員:20名(先着)
 申し込み:10月15日より電話で ☎0467-32-9094

 地球温暖化による気候変動が深刻化しています。地球温暖化を引き起こしているのは
 便利で快適なものを求めすぎてきた私たちの生活が原因といわれています。

  今回はパナソニック(株)エレクトリックワークス社から講師を派遣して頂き、
 身近な電気製品を通じて省エネルギーの大切さを知り、私たちが生活の中で取り組める
 地球環境保護活動について学びます。

小学生にもわかりやすい内容なので、小学生(4年生以上)の参加も大歓迎です。  

チラシはこちらから
 
*ご参加の際はマスク着用、手洗いなど コロナ感染予防対策をお願いします。




  報告:学習会 
  11月27日(金) に鎌倉市職員の方から学ぶ学習会が行われました。
テーマは「新しい生活様式での食品ロス削減」「気候変動について考えよう」。」
どちらも、地球規模でで深刻化しているテーマです。
   
  一見かけ離れたテーマのようですが、世界、日本、そして鎌倉市の現状についてお話をうかがうと、
一人一人が生活を見直すことで、食品ロスを減らし、温暖化をとめられる、それが結果として地球を守り、
誰もが健康で豊かな生活を送れることにつながる、と考えさせられました。
   
   

報告:江ノ電で行くエコの旅
  10月18日(金)に「江ノ電で行くエコの旅」というタイトルで、ごみの減らし方や賢い買い物についての学習会を開催しました。
 訪れたのは、坂ノ下にある「坂ノ下積替所」。ここでは、搬入されてくる危険ゴミ、燃えないごみ、製品プラ、食用油を各処理工場に送る作業をしています。危険なもの、余計なものなどを少人数で手作業でチェックする仕事を目の当たりにして、頭がさがる思いでした。
 そのあと江ノ電に乗って藤沢に。お昼をはさんで午後には、エコショップ「パパラギ」の見学をしました。海を知り尽くしたダイバーが海のごみの多さに危機を感じ、環境にやさしい商品を自分たちで販売しよう、ということからできたお店です。洗剤の量り売りなど、珍しい売り方が目をひきました。

    


リサイクル推進会議では、ごみや環境の学習会や、見学会なども企画開催しています。

報告:プラごみミニ講座と施設見学会
  今年の夏休み企画は、プラスチックごみについてのわかりやすいお話と、近隣の資源ごみ中間処理施設の見学会を開催しました。
 まずプラスチックごみが海や町にあふれていることで、海の生き物や鳥たちが生命の危機に瀕している悲しいストーリーを紙芝居で紹介。子どもたちは熱心に聞き入っていました。そのあと、プラスチック削減のために市役所が取り組んでいることの話を聞きました。
 続いて容器包装プラスチック、ペットボトルの中間処理をしている「株式会社テクノトランス」、紙類、布製品の回収をしている「鎌倉市資源回収協同組合」を。お昼をはさんで午後にはかん、びんの処理施設「鎌倉リサイクルセンター」を見学しました。
 プラスチックごみは今世界中の問題になっているため、参加者の関心も高く、実際の処理現場の様子を目の当たりにして、自分たちが何気なく出しているごみが手作業で処理されているという現実に衝撃を受けていました。
 紙類、布類は、知っているようで知らなかった分別方法やルールもあり、わかりやすい説明に納得することしきりでした。
 午後はかん、ビンの処理現場。清潔な作業場で騒音の中作業するみなさんの苦労が伝わってきました。
 猛暑の中での見学会となりましたが、参加者のみなさんの関心の高さを感じた一日でした。
 






*鎌倉リサイクル推進会議では、リサイクルマーケットの他、鎌倉市不用品登録制度に基づき、不用品を『譲ったり』『譲られたり』する橋渡しをしています。詳しくはこちらをご覧下さい。
Last updated:2021/9/21